かぶらぎ もずくの1LDKは、いつも雨漏り

かぶらぎ もずくの1LDKは、いつも雨漏り

部屋いっぱいに、たくさんの趣味を積み重ねよう。

「焼き魚定食」を見つめて。。。

こんにちは、かぶらぎもずくです。

都内は、午後から日差しが強くなり、久々に暑いと感じる気候となりました。

いつも昼食は、社内でいただくようにしているのですが、2週間に1度程度は、息抜きも兼ねて外で食べるようにしております。

また、午後の仕事の活力となるためしっかりと摂っておきたいところ。そのため私は、単品のものよりか、定食が好きです。あっ、小鉢は、あればあるだけうれしいですね。ナスのおひたしなんてあったら大喜びです。揚げ出し豆腐はもっと喜びます。

ん。

揚げ出し豆腐は小鉢ではなく、主菜では。。。

まぁいいか。

 

とにかく、その息抜きの外出日が今日だったのです。

今日はどこにいこうかなと、せっかくならと新しいお店へ足を運びました。

 

注文を終え、定食が運ばれてくると、少し違和感が。

 

あぁそうか、ごはんと汁物の位置が逆なのか。

 

常に意識をして、普段の食事の準備などをしているわけではないですが身についたことと違うことがあると違和感を覚えてしまいますよね。

 

運ばれてきた定食のごはんの位置が逆だから、何かがあるというわけではないのですが、気になって気になって仕方ないのです。

もちろん店員さんには、何も言いませんよ。

ただ、食事をいただく前に自分自身で直してからいただくようにしています。

 

テレビドラマなどで食卓のシーンでも、ごはんと汁物の位置が逆なんてことも最近では、よく目にします。

こういうところに気がつく人は少ないとは思いますが、注意深くみていると思っている以上に多いものですよ。

台詞や言葉の使い方など正しい表現することと一緒に、場面場面の正しいマナーも表現できたらいいのにといつも思ってます。

 

台詞といえば。。。

店員さんが食事や飲み物を持ってきてくれたときの台詞の「〇〇のお客様~」や「〇〇になります。」なども気になります。

前職が飲食関係というのも関係してるとは思いますが、どうせやるなら正しい言葉を社員さんが教えてあげればいいのにと思ってしまいます。

子供も若いアルバイトの方もそうですが悪いのは本人ではないです。

最初の教え方だと思ってます。

なぜ正しい言葉を使う必要があるのか、どうしてこれをするのかなど、どうしても結果のすぐ出る「行動」自体を教え込むことを優先してしまうからです。

結果を求めることは大切ですが、だれも急にはできませんからね。

1つの軸となる「考え方」や「想い」を伝えることで、自ずと正しい方向へ進んでいくものだと私は思います。

 

 ふと、目の前にある焼き魚定食を見ながら感じたことをまとめてみました。

 

さて、焼き魚の正しい食べ方は理解しているものの。。。

正しく食事できるかは、また別問題なのです。

食事って大変だね。